パワースポット

【完全ガイド】宗像大社の御朱印とご利益・パワースポットは?駐車場は?

神宿る島宗像

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にある神社です。

『裏伊勢』とも呼ばれる、宗像大社へ御朱印をいただきに行ってきました。

 

宗像大社は、日本神話に登場する日本最古の神社の一つ。

 

日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社。

そんな宗像大社の境内の様子を写真でお伝えするとともに、ご利益やパワースポット、アクセス方法や駐車場などの情報もご紹介していきましょう。

 ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)



スポンサーリンク

宗像大社の御朱印

御朱印

宗像大社御朱印

こちらが宗像大社 辺津宮(へつぐう)の御朱印です。

 

3つの神域の御朱印

宗像大社には、

「辺津宮(へつぐう)」
「中津宮(なかつぐう)」
「沖津宮(おきつぐう)」

の3つの神域があります。

世界遺産のパワースポットである宗像大社を訪れるなら、3つの神域の御朱印をいただきましょう。

3つの神域の御朱印を受けられる場所
辺津宮(へつぐう)

宗像大社の本殿

 

中津宮(なかつぐう)

大島にある、中津宮の社務所でいただけます。
七夕の時期には、七夕限定の御朱印も。

 

沖津宮(おきつぐう)

沖津宮のある、沖ノ島には渡島できません。
沖津宮の御朱印は、大島にある中津宮で「宗像大社沖津宮遙拝所」と書かれた御朱印をいただけます。

 

辺津宮・沖津宮遙拝所・中津宮と宗像大社3つの神域の御朱印は、実際に足を運んだ人しか手に入りません。

大島まで足を運べば、いつもと一味ちがう宗像大社のパワースポット巡りとなるでしょう。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!



宗像大社とは

宗像大社辺津宮

 

宗像大社のご利益

交通安全、恋愛成就、縁結び、夫婦円満、子孫繁栄、大願成就、金運アップ、商売繁盛、学問

宗像大社は、交通安全の神様として有名です。
車祓いの御祈祷も。
交通安全のお守りも充実しています。

宗像大社の御祭神

御祭神は、天照大神の三女神です。
沖津宮、中津宮、辺津宮にそれぞれ祀られ、この三宮を総称して、宗像大社といいます。

  • 田心姫神 たごりひめのかみ
  • 湍津姫神 たぎつひめのかみ
  • 市杵島姫神 いちきしまひめのかみ

宗像三女神は、日本書紀の中で「道主貴(みちぬしのむち)」と記されています。
「道」を司る最高神として、崇敬を集めてきました。

 

日本書紀

『日本書紀(720年)』には、天照大神から宗像三女神へ「歴代天皇をお助けすれば、歴代天皇が祀るでしょう」という言葉が残されています。

宗像が、日本における最初の国際港であったため、海外との外交、貿易、国防的な機能を果たせば、天皇が祀るとされたのです。
沖ノ島から出土した約八万点の国宝からも、国家祭祀の痕跡が裏付けています。

国家祭祀とは、天皇の遣い、勅使(ちょくし)が現地に赴いて、祭りをするというものです。
宗像における国家祭祀は、出土した国宝の品々から、かなり大規模ではなかったかと推測されています。
沖ノ島の出土品は四世紀から九世紀のものが多く、その間、国家祭祀がどの程度行われたかは明確ではありません。
古い記録などからも、天皇の勅使が宗像に遣わされたことを知ることができます。

 

日本神話と宗像三女神

神代の昔、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の夫婦神は、高天原(たかまのはら)に住む神々から国生みを命ぜられます。
淡路島、四国、隠岐島、九州、壱岐島、対島、佐渡島、最後に本州を誕生させました。

その後、夫婦神から天照大神(あまてらすおおかみ)、月夜見尊(つきよみのみこと)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)が生まれました。

気の荒かった素盞鳴尊(すさのおのみこと)は、父の伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の怒りに触れ、遠く根の国へ追われることとなります。

素盞鳴尊(すさのおのみこと)は、姉の天照大神(あまてらすおおかみ)に別れを告げに高天原(たかまのはら)へ赴きました。
しかし、その時に山河が鳴り響き大揺れしたので、天照大神(あまてらすおおかみ)は武装して弟を待ち受けます。

素盞鳴尊(すさのおのみこと)は、天照大神(あまてらすおおかみ)にいくら話しても疑いが解けないため、自分が男神を生めば潔白だとして、誓約(うけい)を申し出ました。

まず、天照大神(あまてらすおおかみ)素盞鳴尊(すさのおのみこと)の剣を噛み砕き、息を吹きかけると三柱の女神が生まれます。
これが宗像三女神の誕生となります。

  • 田心姫神 たごりひめのかみ
  • 湍津姫神 たぎつひめのかみ
  • 市杵島姫神 いちきしまひめのかみ

 

次に、素盞鳴尊(すさのおのみこと)天照大神(あまてらすおおかみ)の勾玉を噛み砕き、息を吹きかけると五柱の男神が生まれました。

  • 天忍穂耳尊  あめのおしほみみのみこと
  • 天穂日命  あめのほひのみこと
  • 天津彦根命  あまつひこねのみこと
  • 活津彦根ノ命  いつくひこねのみこと
  • 熊野櫲樟日ノ命  くまのくすひのみこと

これで素盞鳴尊(すさのおのみこと)は、晴れて身の潔白を証明しました。

 

 

スポンサーリンク

【宗像神社】3つのお宮

3つのお宮

  • 沖ノ島にある「沖津宮(おきつぐう)」
  • 大島にある「中津宮(なかつぐう)」
  • 田島にある「辺津宮(へつぐう)」

宗像大社は、この3宮の総称です。

宗像本土にある、「辺津宮(へつぐう)」

宗像大社辺津宮

宗像三女神の、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)をお祀りしています。

宗像大社神職以外の上陸が許されていない「沖津宮」や、大島にある「中津宮」まで行けない方でも、それぞれの神様に参拝が出来るお宮が設けてあります。

福岡市と北九州市の真ん中に位置する宗像市の本土にあるため、他の2つの島よりアクセスしやすいのが魅力でしょう。

 

第二宮(ていにぐう)・第三宮(ていさんぐう)

第二宮には、「沖津宮」の田心姫神(たごりひめのかみ)
第三宮には、「中津宮」の湍津姫神(たぎつひめのかみ)
をお祀りしています。

 

高宮祭場(たかみやさいじょう)

市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の降臨した場所と伝えられています。
日本の祈りの原形を今に伝える、数少ない古代斎場です。

 

沖ノ島にある、「沖津宮(おきつみや)」

世界遺産にもなり、玄界灘のほぼ真ん中に浮かぶ「沖ノ島」に鎮座する「沖津宮」。

島自体が、ご神体。
女人禁制、一木一草一石たりとも持ち出しは禁止。
上陸時は海中での禊を行う等、厳重に守られている神聖な島です。

三女神の長女である、田心姫神(たごりひめのかみ)をお祀りしています。

沖津宮のある、沖ノ島に一般の方は渡島できません。

 

大島にある、「中津宮(なかつみや)」

宗像本土から沖合11kmにある、「大島」に存在する「中津宮」。

三女神の次女神である、湍津姫神(たぎつひめのかみ)をお祀りしています。

神職以外の上陸が禁止されている「沖津宮」に参拝出来る「沖津宮遙拝所」もあります。
遙拝所は、沖ノ島をご神体として拝む拝殿の役割を果たしています。

 

宗像大社 辺津宮(へつぐう)の境内

宗像大社二の鳥居

宗像大社二の鳥居

 

 

 

 

 

 

 

 

宗像大社心字池に架かる太鼓橋

宗像大社心字池に架かる太鼓橋

 

 

 

 

 

 

宗像大社辺津宮神門

宗像大社辺津宮神門

 

 

 

 

 

 

福岡の神社
宮地嶽神社大しめ縄
【完全ガイド】宮地嶽神社の御朱印とご利益・パワースポットは?駐車場は?

続きを見る

社会保険労務士

スポンサーリンク

宗像大社へのアクセス

宗像大社辺津宮(へつみや)

住所:福岡県宗像市田島2331
駐車場:無料

宗像大社辺津宮(へつみや)車でのアクセス

九州自動車道
若宮インターから約20分。
古賀インターから約25分。

 

宗像大社辺津宮(へつみや)公共交通でのアクセス

【最寄り駅:東郷駅】
JR鹿児島本線『東郷駅』までは、『JR博多駅』から快速約30分、『JR小倉駅』からは快速約40分。

【東郷駅から、宗像大社までのバス】
JR東郷駅北口下車、 神湊波止場行きバス(宗像大社経由)で『宗像大社前』下車。
所要時間:約12分。

【福岡市天神から、宗像大社までのバス】
西鉄バスむなかた号
『天神・日銀前』から乗車、『宗像大社前』で下車。
所要時間:約62分。

宗像大社中津宮(なかつみや)

住所:福岡県宗像市大島1811

神湊港から大島港までは、市営渡船「しおかぜ」またはフェリー「おおしま」で向かいます。

神湊港までの公共交通でのアクセス

【最寄り駅:東郷駅】
JR鹿児島本線『東郷駅』までは『JR博多駅』から約30分、『JR小倉駅』からは快速約40分

【東郷駅から、神湊港までのバス】
JR東郷駅より、福間行きバス(神湊経由)で『神湊波止場』下車。
所要時間:約20分

 

神湊港まで、車で行った場合の駐車場

神湊ターミナル周辺に、有料の駐車場があります。

参考

第1駐車場(ターミナルより、徒歩2分 料金:12時間300円)
第2駐車場(ターミナルより、徒歩4分 料金:12時間200円)
第3駐車場(ターミナルより、徒歩5分 料金:12時間200円)

神湊港まで、車で行くことも可能です。

 

神湊港から、大島港までの乗船

市営渡船「しおかぜ」または、フェリー「おおしま」で大島港へ
乗船時間:しおかぜ約15分、おおしま約25分

 

大島港から、宗像大社中津宮(なかつみや)まで

大島港から宗像大社中津宮(なかつみや)までは、徒歩5分です。

 九州旅行ならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)


 

のむシリカ

 

まとめ

世界遺産でもある、パワースポットの宗像大社について紹介しました。
宗像大社は交通安全や恋愛成就、商売繁盛などのご利益があり、とても協力なパワースポットの由緒ある神社です。

宗像大社は、日本神話に登場する日本最古の神社の一つ。

宗像大社は、3宮の総称です。

  • 沖ノ島にある「沖津宮(おきつぐう)」
  • 大島にある「中津宮(なかつぐう)」
  • 田島にある「辺津宮(へつぐう)」

福岡市と北九州市の真ん中に位置する宗像市の本土にある、辺津宮(へつぐう)だけでも大きなパワーを感じられますが、大島まで足を運んでみてはいかがでしょう。

沖ノ島は一般の立ち入りが禁止されており、神職以外は渡島できませんが、宗像大社の本殿だけでなく、ぜひフェリーで大島に渡り、由緒あるパワースポットを訪れてみましょう。


 

LINE@運用ツール【Poster】



スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nami.vmmv

ちゃみちゃみブログ 40代前半独身、サラリーマン風OLです。 18年勤務した会社の退職準備中。 不動産業関連の起業をめざして 宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者、貸金業務取扱主任者などの資格を取得しました。 保有資格の一覧はブログ記事からご覧いただけます。 お問い合わせは、コンタクトまたはTwitterから

-パワースポット
-, ,

© 2021 おこずかい稼ぎ 副業チャレンジ 起業